前へ
次へ

労働相談を行いたい場合

労働トラブルは法律を知らないことによって起きてしまうことが多いです。
自分でも最低限のことは知っておくべきでしょう。
自分で調べてみて、法律に触れていると判断した場合には、労働相談を行って対処を考えたほうがよいです。
特に大企業を相手にしなければいけない場合、事実そのものをなかったことにされてしまうことが多いです。
トラブルをなかったことのようにしてしまう専門部署を設けているような企業があるのも事実です。
大企業を相手にすることができないから泣き寝入りをするしかない、と考えてしまう人もいるでしょう。
しかし解決をさせなければ他にも被害者が出てしまう可能性が高まります。
ですから然るべき対応をしなければいけません。
労働相談を行う場合、弁護士でもよいですが高額の相談料を請求されることもあるので、労働基準監督署に話を持っていく、ということにしたほうがしっかりとした対応をしてもらえる可能性が高くなるので、足を運ぶとよいでしょう。

Page Top